忍者ブログ
おとなの(?)読書感想文。 絵本から児童書、時代モノ、how to本、ミステリーetc...。あなたの道標になったら幸いです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4年生の読み聞かせ。(今日はちゃんと出かける前に不燃ゴミ出したのだ。むふふ)

学習時間に入る前に避難訓練があるとかで・・・先生から5分間の時間短縮との指令。
(フーン、別にいいんじゃな~い)とか思っていたら、急遽! 読み聞かせをやってみたいかも・・・という方の見学許可を求められ、やたらめったら慌てる私。
ど、どーする!! 私っ!!
・・・やんわり、断ったつもりだったのだけど、何だかOKってことになってるし^^; あわわわわ~

何も私じゃなくたって、うまい人いるじゃんよぉ、と思ったけど・・・これから子どもらに読み聞かせを始めたい、という方には私ごときレベルで、もしかしてちょうどいいのかもしれない(・・・と、自分を納得させる)。

さて、私ごときのレベルを解説いたしましょう。

①うっかりページをすっ飛ばす→とりあえず高らかに笑ってごまかす

②台詞を取り違える→正々堂々と、自分に非などないかのように読み直す

・・・とか、そんな感じ。
そう、“読み聞かせ”って誰にだってできるボランティアなのさ・・・

さて、本日読んだ本は・・・前出、5年生でも読んだ『おおきな やかたの ものがたり』。
今日もずらりと並べたのですが、選んだのはこの1冊でした(子どもらは鼻が利くのだ)。

“息子とその仲間達”が在籍する4年生は読みやすい。マイ・バディの娘は「こっちおいで~^^」と構われ、
知ってるかーちゃんだけに、子どもにして(ちゃんと、聞かな!)と、こちらに気を遣ってくれたりもする。
読みやすい・・・ただ、今日は見学者さんの視線が痛かった。
きっと、私のどこかに穴があいたんじゃないかと思う。
100人の子どもの前で本を読むのは平気。
けれどたった1人の大人の前で本を読むのはキビシイ。
次はきっと、断ろう。

「じゃあ、またね^^と教室を出たところで、なんとまー、タイミングよく避難訓練の放送が・・・。
地震発生の設定です。

ちぇーっ!! 私も避難訓練したかったなぁ・・・


おおきなやかたのものがたり

著:青山 邦彦
出版社:PHP研究所

 

 “おおきな館”の目線で描かれたお話。
そもそも彼(?)は貴族のお屋敷であり、大勢の召使が邸内を磨き上げ、庭を美しく手入れしておりました。それを誇らしく思ってもおりました。さて、時代は代わり、貴族のお屋敷でなくなると、今度はホテルになりました。そしてまた時代は移ろい、屋敷はレストランになったり、高級デパートになったりと変貌を遂げていきます。
しかし、あるとき火事を出し・・・。
ドールハウスのような、細密に描かれた美しい絵本です。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
hananan
性別:
非公開
職業:
猫使い(?)
趣味:
読書、猫、酒、昼寝、脱出ゲーム
最新CM
[05/14 とんぼや・壱]
[12/14 BlogPetのギイ]
[11/23 旅人]
[11/23 BlogPetのギイ]
[10/31 旅人]
[10/31 BlogPetのギイ]
[10/13 旅人]
[10/10 BlogPetのギイ]
[09/30 旅人]
[08/31 旅人]
オモコロ漫画
日々更新されてます。癒され?ます。
ブログペット

鯵缶
Copyright © 2008 図書館日記 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS