忍者ブログ
おとなの(?)読書感想文。 絵本から児童書、時代モノ、how to本、ミステリーetc...。あなたの道標になったら幸いです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 私はちょっと、腹を立てている。
昨日の夜中、ここはメンテナンスがあったのだ。
でもって。気が付かなかった私が多分、きっと、悪いんだが・・・「記事の投稿・保存ボタン」をぽちっと押したら、書いたものが丸々消えてしまったのだぁ。
 
 気を取り直して再び、書きまさぁ~

さて、今日も怪談・奇談をご紹介。
ナントカ言う教授によれば、適度な恐怖は脳にいいんだとか・・・(aha体験と言うらしい)。

・・・ホントかね。



日々是怪談

著:工藤 美代子
出版社:中央公論新社




 “今年の怖い話大賞”でもあげちゃいたいくらいの本(←私の中でですが)。
著者の工藤さん、ノンフィクション作家でいらっしゃる方なのですが、“見える人”だそうな。可愛いと思って購入した骨董の人形が実はヤバイ品だった、とか日常の中で体験した怖い話を、さらっと、時に面白おかしく書いている・・・工藤さん本人はあまり怖がってないように思われるのですが、逆にソレが凡人たる私にゃめちゃ怖いっす^^;。

猫目夜話

著:桂木 祥
出版社:講談社




 こちらはヨソ様のブログで紹介されていた作品です。
主人公、音々子は普通の人には“見えざるものが見えてしまう”女の子(お気の毒^^;)。そんな彼女が住まう街では、何故か秋祭りの頃、10月になると幽霊が集まってくる・・・。
 鎮守の社に住まう猫又レキ、従兄弟の市松らと共に、“学校の七不思議”の真相を追うというお話。学校の七不思議とかいうと幼い印象うけますが、中々どうして、「図書のぞき」だの「オカネさん」、怖~い。

乙女っぽい感じのイラストではありますが・・・中身は本格的。恋愛話が一切ないところも非常にヨシ。しかし音々子の脇を固める男性陣、多分、イケメン設定だと思われます。大いにヨシ。
『そぞろ迷図 猫目夜話(2)』、は予約中、楽しみです^^。

 

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
hananan
性別:
非公開
職業:
猫使い(?)
趣味:
読書、猫、酒、昼寝、脱出ゲーム
最新CM
[05/14 とんぼや・壱]
[12/14 BlogPetのギイ]
[11/23 旅人]
[11/23 BlogPetのギイ]
[10/31 旅人]
[10/31 BlogPetのギイ]
[10/13 旅人]
[10/10 BlogPetのギイ]
[09/30 旅人]
[08/31 旅人]
オモコロ漫画
日々更新されてます。癒され?ます。
ブログペット

鯵缶
Copyright © 2008 図書館日記 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS