忍者ブログ
おとなの(?)読書感想文。 絵本から児童書、時代モノ、how to本、ミステリーetc...。あなたの道標になったら幸いです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

贈る物語 WONDER

編:瀬名 秀明
出版社:光文社




「これすごく面白いよ、読んでみなよ」
と、息子が私に差し出したのは星新一さんのショートショート。
学校の図書室で借りたのだそうです。
SFのショートショートを置いてるなんて、実にイケてる図書室だ。
と、言うわけで、

今日は『贈る物語 WONDER 瀬名秀明=編』を。もちろん星 新一さんの作品も入ってます^^。


「SFとは。少しだけ不思議の略です」
とは、藤子・F不二雄さんが言われたのだそうですが、この本はホントにそんな気持ちで、軽い気持ちで楽しめる本です。少しだけ不思議なことなんて、日常に山ほどあることですからね。宇宙船の内部や異星人の風貌なぞ想像できなくともいいのです(火星人はきっとタコっぽいんだろうなー・・・位の想像力しかない私が言うのですから、間違いありません!!)。
次はこの本を読んでみたらいいよ、なんて選者、瀬名秀明さんの親切な解説もついているので、2度、3度、美味しい本だと思います。どれも短編なので合間読書にもオススメです^^。

↓ネタばれ。
私的には、ですが、中でも印象深いのが『愛の手紙』(ジャック・フィニィ)でした。これはタイムトラベルものです。
私、SF小説についてまるで無知なので、映像作品との比較になってしまうけれど、何だか痛みの残るもの多いですよね・・・。「過去の物事・人に関わってはいけない」とかなんとか、ドク(バック・トゥ・ザ・フューチャー)が言っていたけど、やっぱ、それは鉄則なのですな。


同様のアンソロジーとして、宮部みゆき編の『贈る物語 TERROR 』、
綾辻行人編の『贈る物語 MYSTERY』があります。^^

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
hananan
性別:
非公開
職業:
猫使い(?)
趣味:
読書、猫、酒、昼寝、脱出ゲーム
最新CM
[05/14 とんぼや・壱]
[12/14 BlogPetのギイ]
[11/23 旅人]
[11/23 BlogPetのギイ]
[10/31 旅人]
[10/31 BlogPetのギイ]
[10/13 旅人]
[10/10 BlogPetのギイ]
[09/30 旅人]
[08/31 旅人]
オモコロ漫画
日々更新されてます。癒され?ます。
ブログペット

鯵缶
Copyright © 2008 図書館日記 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS