忍者ブログ
おとなの(?)読書感想文。 絵本から児童書、時代モノ、how to本、ミステリーetc...。あなたの道標になったら幸いです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は4年生の読み聞かせ。なんかやたらめったらに、強風。
読む本は子ども達に決めてもらいたいので、いつも必要以上に本を持っていく私の自転車は、ふーらふらです^^;

先日、学校の図書室の本を物色していたらば、学校図書館支援指導員の方から、「お気に入りの一冊」の続編が入ってるのを紹介され・・・ちょっと季節は外しちゃってるよなあとは思いつつ、でも、読んでしまいました。
それは・・・『イボイボガエル ヒキガエル』!!
ちなみに気に入った前作は『ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん』という本。

題名だけ聞くと引かれちゃうと思うのですが^^;、
どちらもいかにも、といった知識絵本ではなく、物語仕立ての易しいちょこっと物知りになれちゃう絵本なんです。

もう1冊、『シロナガスクジラより大きいものっているの?』も同様。
・・・ですが、こちらは1頭のクジラからやがて世界規模、地球規模、宇宙規模の大きいものに話が拡大していきます。大きさの比較の例えや、イラストが面白くて子どもらにはなかなか好評。
それこそ大ボラみたいな大きな話って大人も子どもも楽しいものです。

 


イボイボガエルヒキガエル

著:三輪一雄
出版社:偕成社

 

可愛らしいともてはやされるアマガエル、しかしイボガエルって気持ち悪りィと言われる存在。(私はどちらも苦手ですがね^^;)・・・何でわてらは嫌われ者なんや!! わてらにだって取り柄はあるのや~!!・・・と、イボガエルの真実が描かれたちょっと物知りになれちゃう絵本。何故か関西弁?!のイボガエル氏の台詞も楽しいのです。

ガンバレ!!まけるな!!ナメクジ君!!

著:三輪一雄
出版社:偕成社

 

カタツムリとナメクジ、殻がくっついているかいないかで、あまりにも待遇が違わない?! 
こちらはナメクジ氏が語る真実の物語。先祖は同じ巻貝の仲間だったこと(塩には弱いのに・・・)、カタツムリが進化の過程で、重たい殻を脱ぎ捨てたことなど、目からウロコ間違いなし!!

シロナガスクジラより大きいものっているの?

著:R.E.ウェルズ
訳:せな あいこ
出版社:評論社

シロナガスクジラの尾びれは大抵の生き物より大きいのです…という始まりから
シロナガスクジラを100匹集めて、大きな瓶に詰めて100個積み上げてみる・・・でもね、エベレスト山と比べてみたらこんなに小さいんだよ。じゃあ、エベレスト山を100個積み上げてみたら・・・と、どんどん話は拡大し、地球、太陽、果ては宇宙規模にまで膨らんでいきます。
絵本ならではの面白さ。これをNHKとかでリアルに再現されたら・・・きっと面白くないと思うな。大人でも楽しめます。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
hananan
性別:
非公開
職業:
猫使い(?)
趣味:
読書、猫、酒、昼寝、脱出ゲーム
最新CM
[05/14 とんぼや・壱]
[12/14 BlogPetのギイ]
[11/23 旅人]
[11/23 BlogPetのギイ]
[10/31 旅人]
[10/31 BlogPetのギイ]
[10/13 旅人]
[10/10 BlogPetのギイ]
[09/30 旅人]
[08/31 旅人]
オモコロ漫画
日々更新されてます。癒され?ます。
ブログペット

鯵缶
Copyright © 2008 図書館日記 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS