忍者ブログ
おとなの(?)読書感想文。 絵本から児童書、時代モノ、how to本、ミステリーetc...。あなたの道標になったら幸いです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は最近、一番面白かったYAジャンルのドラゴンの話を。
思わず腰の引ける厚さの本ですが、意外に読みやすいです。秋の夜長、お供にいかがでしょう。

エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー〈1〉
クリストファー・パオリーニ:著
大島双恵: (翻訳)

まず、驚かされるのは、漢語林並の本の厚さ!!
実際、半分くらいまでは…正直、あまりソソらないんだよね・・・
しかし。そのクドくて、あくびが出ちゃうような序章が、実はなくてはならないものだということに、後になってから気付くはず。
物語の舞台背景は以下の感じ。
ドラゴンを駆り、剣術に長けた種族であるドラゴンライダーの庇護の下、長きに渡り栄華をきわめた国アラゲイジア。が、たったひとりの裏切り者、ガルバトリックスによりライダー族は滅ぼされ、アラゲイジア国は衰退の一途をたどる。しかし、エルフ族、ドワーフ族らの手によって、密かにドラゴンの卵は守られていたのでした・・・。

ドラゴンに選ばれし運命のライダーは、タイトルにもなっているエラゴン。何といいますか普通の・・・情けない感じの男の子です。ライダーとしての、主人公エラゴンの修行が始まり、それがひと段落ついてからは、もう目が離せませんよ。
剣と竜と魔法の世界。
『指輪物語』を愛する方にオススメしたい、正統派のファンタジーです。

 



 

ドラゴンライダー2 エルデスト 宿命の赤き翼(上) 
クリストファー・パオリーニ:著
大島双恵: (翻訳)

第2巻。やっぱり辞書並。しかも、上下巻です^^;。
ドラゴンとそのライダー、エラゴンをめぐって、エルフ族、ドワーフ族、 人間達の腹の探りあい、そしてエラゴンの従兄弟であるローランの活躍も平行して 書かれている本作。
一人前のライダーになるためにエルフの国に修行に行かねばならないらしいのだが、エラゴン君、なかなか行かない。いつ修行に出るのよ?!と、話の流れのもたもた具合に多少ヤキモキ。でも今回はローランの活躍、リーダーとしての成長が著しく、こちらの話の方にスポットが強く当たってます、が、間違いなく下巻が気になります。

 


 

 

 
ドラゴンライダー2 エルデスト 宿命の赤き翼(下)
クリストファー・パオリーニ:著
大島双恵: (翻訳)

下巻。エルフの国でのエラゴンの修行を中心に、従兄弟ローラン一行の旅路が平行して描かれております。村人達の指導者として、すっかりローランもたくましくなりました。ローラン・ストロングハンマーとかいう風に自分を表現しているのですが…もちっとなんとか…カッコいい呼び方にしたら良かったのに・・・って、どーでもいいことですが^^;。
後半、ページも少なくなってきた頃、いよいよ!
ライダー・エラゴン&サフィラを先頭に、将軍の後継ナスアダ率いるヴァーデン軍、ドワーフ一族、エルフ一族らVS裏切り者、ガルバトリックス率いる帝国との戦が始まります。
続きが気になるなー。

それにしても…あの、○○○○が味方になるとは意外。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
hananan
性別:
非公開
職業:
猫使い(?)
趣味:
読書、猫、酒、昼寝、脱出ゲーム
最新CM
[05/14 とんぼや・壱]
[12/14 BlogPetのギイ]
[11/23 旅人]
[11/23 BlogPetのギイ]
[10/31 旅人]
[10/31 BlogPetのギイ]
[10/13 旅人]
[10/10 BlogPetのギイ]
[09/30 旅人]
[08/31 旅人]
オモコロ漫画
日々更新されてます。癒され?ます。
ブログペット

鯵缶
Copyright © 2008 図書館日記 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS