忍者ブログ
おとなの(?)読書感想文。 絵本から児童書、時代モノ、how to本、ミステリーetc...。あなたの道標になったら幸いです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 6年生の読み聞かせ。  
冬の本、クリスマスを扱った本はたくさんあれど、“高学年向き”なものと思うと中々選びがたく…。今日は図書館から借りてあった本ではなくて、我が家の本棚から『急行北極号』『てぶくろ買いに』の2冊と、ちょっと思うところあって幼い子向けの『まいごのペンギン』をセレクト。さらに …音読にはまるで向かない『サンタのおばさん』(←このブログのどこぞに前出)も捨てがたく、あらすじだけでも、と思い持参。
結局、いつも重たいマイ・バッグ^^; 。

まいごのペンギン

まいごのペンギン
オリヴァー ジェファーズ Oliver Jeffers 三辺 律子

ソニーマガジンズ 2005-12
売り上げランキング : 128870

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サンタのおばさん サンタのおばさん
東野 圭吾 杉田 比呂美

文藝春秋 2001-11
売り上げランキング : 129124

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今日は3、4時間目を使ってのマラソン大会であり、さぞ、子どもらも落ちつかぬことだろうと思っていましたが、さすが高学年ともなると平静。…が、何かイベント事が控えているときは何となく集中力にかける、長いものは好まれない気がします。いつものように希望をとると…予想通り『まいごのペンギン』に。 読むところも少なく短いお話です。男の子とペンギンのほのぼの友情ストーリー(ペンギンちゃんが実に可愛らしいのだ)。和やかムードで読むことが出来ました。 
 読みきかせの時間は15分間。当然、時間がかなり余るので、『サンタのおばさん』のあらすじを説明。また、所々をピックアップして読んでみました。 例えばサンタ会議に集まる様々な国々のサンタ達の特徴、「オーストラリアのサンタはアロハシャツにサーフボードでプレゼントを配る」とか、「アフリカのサンタはサンタカラーである赤い色はライオンを刺激するため、緑色の服を着ることが許可されている」等など。
「その本、面白そ~」という声、多数。
…サンタ達が議論する場面など、どこの国のサンタの台詞だか、耳で聞いてると多分わからなくなってしまうので、読み聞かせには向かないっつーか、無理!な本ですが、ヒジョーに惜しい(ウケちゃったし余計にそう思うのであった)。是非、自分で借りてきて読みたまえ、だなあ…。  

 さて、本日は上の3冊のほか、絵本、その他を何冊か。

急行「北極号」 急行「北極号」
クリス・ヴァン・オールズバーグ 村上 春樹

あすなろ書房 2003-11-10
売り上げランキング : 946

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 一昨年だったかな、映画が公開された『ポーラー・エクスプレス』の原作。クリスマスの不思議。幻想的な挿絵が素晴らしい。クリスマス・イブ、サンタを信じる子どもの元にやってくる、急行列車。列車は子ども達を乗せて北極点、サンタの国を目指します。その年のクリスマスに渡される一番目のプレゼントは、なんとサンタクロースから直々にに受け取ることが出来るのですが・・・。
 この本を手に取る人は、きっといつまでも主人公の“僕”のようでありたいと思うはず^^。

聖なる夜に―A SMALL MIRACLE 聖なる夜に―A SMALL MIRACLE
ピーター コリントン Peter Collington

BL出版 2000-11
売り上げランキング : 92521

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 台詞は一切ありません。なので、これまた読みきかせには向きませんが^^;、『賢者の贈り物』同様、クリスマスの本当の意味と言いますか、クリスマスの精神ついて知ることのできる、清らかな絵本です。
 町に立ち、アコーディオンで歌を歌い、日々の糧を得る貧しいおばあさん。今日はクリスマス・イブですが誰もおばあさんの演奏に足をとめてくれる人はありません。そして・・・おばあさんは愛器を質に入れるのです(この辺、クリスマスがクリスチャンの人々にとって特別な日なのだとうかがい知ることができますね)。
ところが、引ったくりに遭い、その大事なお金を奪われてしまいます。追いかけていくと、その悪者は教会の寄付金(募金?)にまで手をつけようとしているではありませんか! 自らの危険を顧みず、必死で教会のお金を守り抜き、荒らされた教会を丁寧に元通りにするおばあさん・・・。
 善い行いは善い行いがかえってくる・・・おばあさんに素晴らしい奇跡が起こります。

ミトン ミトン
ジャンナ・ジー ヴィッテンゾン Janna Z Vittenzon Leonid Shvartsman

河出書房新社 2003-09
売り上げランキング : 76596

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  アーニャは犬が大好き。お友達の家の犬が仔犬を産み、早速、連れて帰りますが、ママは飼うことを許してくれません・・・。そこで自分の赤い手袋を小さな仔犬に見立てて、遊んでいると・・・あら不思議!! 
 ・・・見立て遊びをするアーニャがとてもいじらしいのです。子どもの頃、仔犬やら仔猫やらを拾って、「元の場所に返してきなさい!!」なんて、おかーさんに叱られた記憶のある人は、きっと、もっと、アーニャの気持ちがわかるんじゃないかなあ。ハッピー・エンドです。とってもキュートな絵本^^。

さむがりやのサンタ さむがりやのサンタ
レイモンド・ブリッグズ すがはら ひろくに

福音館書店 1974-10
売り上げランキング : 2279

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 寒がりやの(ついでにちょっと怒りっぽいかも)サンタクロースのクリスマスの1日を描いたこの絵本、 長年愛されてきたこの絵本にはもはや説明不要かなあ、と思いつつ。
 コマ割がされており漫画みたいな感覚の絵本ですが、それだけに情報が豊富で、それなのに細部まできっちりと描かれています。サンタさんにも食事をしたり、お風呂に入ったりといごく普通の日常があって、さらには従兄弟などからクリスマスプレゼントが届いたり・・・なんてのも面白いです。
 この絵本のサンタクロースときたら、もうこの人しかいない!!っていうくらいよく出来たサンタクロース(なんのこっちゃ)。私も幼稚園時代から持ち歩いている大好きな本の1冊です^^。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
hananan
性別:
非公開
職業:
猫使い(?)
趣味:
読書、猫、酒、昼寝、脱出ゲーム
最新CM
[05/14 とんぼや・壱]
[12/14 BlogPetのギイ]
[11/23 旅人]
[11/23 BlogPetのギイ]
[10/31 旅人]
[10/31 BlogPetのギイ]
[10/13 旅人]
[10/10 BlogPetのギイ]
[09/30 旅人]
[08/31 旅人]
オモコロ漫画
日々更新されてます。癒され?ます。
ブログペット

鯵缶
Copyright © 2008 図書館日記 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS