忍者ブログ
おとなの(?)読書感想文。 絵本から児童書、時代モノ、how to本、ミステリーetc...。あなたの道標になったら幸いです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

馴染の小さな図書館の書架には乙一のスペースはない。
・・・のだけれども、今日は「ZOO」が1冊だけ入っていた。「SEVENS ROOM」怖かったな~、なんて思いながら立ち読みして、本を戻す。今日は借りないよ。
館内をウロウロして…今度は乙一の文庫が目に留まった。
1冊だけ。SF小説に紛れて『失踪HOLIDAY』・・・・乙一。
文庫にも乙一コーナーはなかったけど、それだけがはさまっていた。


失踪HOLIDAY 失踪HOLIDAY
乙一 清原 紘

角川書店 2006-11-25
売り上げランキング : 4522

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

表題作の前にいっこ、短編が入っている。
『しあわせは猫のかたち』。

いつものように、ネタバレてます。

表題作より、こっちがよかった。
不器用に過ぎる男の子と、刺殺された女の子の幽霊(?)との交流。
ラスト間際、雪村(幽霊である)が、男の子に宛てた手紙に泣く。私に送られたものではないというのに。 

私は後、何年くらい生き延びることが出来るのだろう・・・と考えた。
30も過ぎると、いくつかの死に出会う。望まなくても。

これまで、ハタチになる前に“不慮の事故”で、私はふたりの友人を亡くした。
ひとりは高校時代。亡くなったのは小学校の頃からずっと憧れていた男の子。雨の日、宅配のバイトの最中の事故。
もうひとりは専門学校時代の友人。一緒に行くはずだったライブの約束を果たせずに、事故で逝ってしまった彼女。私の手の中には2枚のチケットだけが残った。

私はどちらの葬儀にも出席しなかった。…いや、できなかった。
だから。今でも夢に見るのは当時のままの、彼、彼女の姿だ。辛い夢。でも、幸せな夢。
私は…オバさんになっちゃったよ。

若くして死ぬこと。予期せぬ死。

3年前、学校の行事でタイムカプセルを校庭に埋めた息子。
箱が開くのは2022年。
皆が、元気で開封の場に揃うことを切に願わずにはいられない。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
hananan
性別:
非公開
職業:
猫使い(?)
趣味:
読書、猫、酒、昼寝、脱出ゲーム
最新CM
[05/14 とんぼや・壱]
[12/14 BlogPetのギイ]
[11/23 旅人]
[11/23 BlogPetのギイ]
[10/31 旅人]
[10/31 BlogPetのギイ]
[10/13 旅人]
[10/10 BlogPetのギイ]
[09/30 旅人]
[08/31 旅人]
オモコロ漫画
日々更新されてます。癒され?ます。
ブログペット

鯵缶
Copyright © 2008 図書館日記 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS